脂肪吸引を行うと、スッキリしたお腹を手に入れることができます。

ウェストを測っている女性

お腹の脂肪をなくす

緩いズボン

脂肪吸引は、お腹に限らず、太ももやふくらはぎなど、脂肪のつきやすい箇所に利用されることが多くあります。
なかでも多い項目がお腹の脂肪吸引です。お腹の脂肪はつきやすくとれにくいといった人が多いので、脂肪吸引によってより効果の見えやすいパーツといえます。
お腹の場合、まずお腹の脂肪を柔らかくして脂肪を取り除く場合がほとんどです。
クリニックによって、脂肪のほぐしかたは多様ですが、基本的には脂肪溶解レーザー機器を利用してから施術します。
きつい運動をしたくない人にとってはより効率的にお腹まわりをスリムにすることができる方法といえます。

脂肪を吸引する前に、機器を利用して脂肪を柔らかくしますが、その方法も近年多様化しています。
今ではレーザーの他に、水流によってほぐす方法やベイザー波で手術の際の出血を減らす方法もあります。
手術はお腹に管状のものを入れて脂肪を吸引しますが、メスを用いて手術するのでもちろん出血も伴います。
メスを使って行なわれる脂肪吸引は大掛かりな手術ですが、吸引自体は1時間程度で終わることがほとんどです。また、入院もする必要がほとんどないので、手術後は通院によって経過をみるクリニックがほとんどです。
その人に合った脂肪吸引の方法でより負担の少ない施術ができるようになったので、利用者数は多いです。

お腹の脂肪吸引を行なう人は、やはり脂肪のつきやすい女性が大半を占めます。
年代別でみると、美意識の高まる20代が圧倒的に多く、次に30代、40代という分布になります。
お腹まわりは運動でも脂肪が落ちにくいことも多く、食生活にも多く左右されます。特にアルコールを飲めるようになった20代や、社会人になってお酒を飲む機会が急に増えたりして一気にお腹まわりに脂肪がついてしまうことも少なくありません。
初めて脂肪吸引を行なう人でも安心して施術できるように、今ではカウンセリングからアフターケアまで様々なサービスをするクリニックが多いです。
女性限定の完全予約制のクリニックもあるので、治療を考えている人はホームページでしっかりチェックすることがより安心に手術するポイントです。

お腹まわりの手術方法

細くなったウエスト

お腹まわりの脂肪吸引を行なうといっても、いくつかの手術方法があります。また、脂肪吸引の場合、1回でとる脂肪の量が決まっていることもあるので、事前に自分に合った方法をチェックしておくことで安心して手術に挑めます。

More

手術の価格帯

ウエストを測る

脂肪吸引を行なう場合、部位によって価格は変わってきます。また、とる脂肪の量にも価格は変動するのではっきりとした値段はカウンセリングなどを行なった後に決まることが多いです。お腹の脂肪吸引の大まかな価格帯を紹介します。

More

クリニックを選ぶには

脂肪が気になる

自分に合ったクリニックを選ぶのは非常に重要です。お腹の脂肪吸引は大掛かりな手術になるので、しっかりと医者やサービス、価格を比較してクリニックをみつけることで安全な手術を行なうことができます。

More

注意しておくこと

腹筋をする

お腹の脂肪吸引を行なうことを決めたら注意しておくべきことがいくつかあります。身体にメスをいれるので、手術当日だけで完了するわけではありません。体験者の口コミなどもみて注意点をしっかり確認する必要があります。

More

オススメリンク